「トップレベルの成績を出す生徒を量産したい!」
「うちの塾の生徒は特別に育てたい!」

従来の個別指導専用教材は主要な顧客層になる成績中位層をターゲットに作られてきました。
生徒一人ひとりのペースに合わせた指導を簡単に実現できる個別指導専用教材の出現は、指導の失敗を大きく減らしてくれました。
中学校の定期テストでの成績向上を目指すおよそ8割の生徒にとって、従来の個別指導専用教材はもっとも最適なテキストです。

しかし、すでに中学校の定期テストで安定的に高得点を取れる成績上位層にとって従来の個別指導専用教材は物足りないものでしたが、より高度な指導を行うための個別指導専用教材は存在しませんでした。
そのため、高度な学習指導を行うためには、より古いタイプの教材を用い、講師の個人技能に依存した指導を行うしか方法がありませんでした。

講師の個人技能に頼らず、高度な数学指導を行いたい。
そんな個別指導学習塾の指導の現場における熱い要望に応えて、
SSSテキスト「エスエス数学」は開発されました

「エスエス数学」の主な特徴は……

1.従来の個別指導教材と同じオペレーションで指導できる。
2.受験数学や高校数学に繋がる高い実力が身につく。
3.分かりやすい解説で、感覚的に理解しやすい。

ということです。
このテキストでは基礎内容はほとんど扱われていません。
そのため、難しい問題への解説に誌面を割くことができ、
どのテキストよりも解説が分かりやすくなっています。

ただし、基礎内容が省略されているため、
このテキストのみで完結することはなく、
より基礎的な教材と組み合わせて利用する
ことが推奨されます。



テキストの特徴1.従来の個別指導教材と同じオペレーションで指導できる。

テキストの特徴2.受験数学や高校数学に繋がる高い実力が身につく。

テキストの特徴3.分かりやすい解説で、感覚的に理解しやすい。

1.従来の個別指導教材と同じオペレーションで指導できる。

 マルチステップアップ学習システムで、効率良く学習を進めることができます。

 @ Point!→ A WarmUp!→ B Try → C ExerciseA→ (D ExerciseB)

 の4+1のステップで、生徒に学習を進めて貰います。
 これは従来の個別指導用教材に似通ったテキスト構成になっているため、講師の負担増加がありません。

@ Point! ポイントを抑えた分かりやすい解説で、要点を確認します。
A WarmUp 解説を見て手伝って貰いながらの演習で、問題の本質を理解します。
特徴@ 大切なポイントがまとめてあるので、講師が板書を作る必要がありません。
特徴A 重要事項が赤シートで隠せます。生徒がきちんと理解できているかを確認できます。
特徴B グラフや図で感覚的に理解しやすくなっています。



B Try 生徒が自分の力で類題演習を行います。
C ExerciseA さらなる類題演習で力を定着させます。
※ Warm UP!とTryまでは塾での授業で使用し、ExeciseAを宿題用として利用することを想定しています。
特徴C 繰り返しの類題演習でしっかりと力を定着させます。



E ExerciseB 演習が不十分な場合の補充問題です。
※ TryやExerciseAの演習時に問題演習が不十分だと感じた場合に備えて、さらなる補充問題が用意してあります。



2.受験数学や高校数学に繋がる高い実力が身につく。

「エスエス数学」は高校受験や、高校での数学学習に繋がる高い力をつけるためのテキストです。
従来の個別指導用教材は、平均的な公立中学校の授業や定期テストに対応するために効率よく学習できるように作られています。
しかし、高校入試では学校の授業や定期テストより難しい問題が出題されます。

スペシャル問題   公立高校入試レベルの問題
スーパースペシャル問題   難関私立高校入試レベルや高校数学に繋がる問題

エスエス数学では、2段階のレベル設定で生徒の学力に応じてハイレベルな問題演習が行えます。

挑戦の目安として、
スペシャル問題 …… 標準的な公立中学校で内申点4以上をとれること。
スーパースペシャル問題 …… 標準的な公立中学校で内申点5以上をとれること。
となっています。
スーパースペシャル問題は、ページのデザインの基本カラーを変えているので扱う問題を間違えることはありません。




ベーシック問題   公立中学校定期テストレベルの問題

各単元の冒頭に、基礎的な問題をコンパクトに収録。
このレベルの問題がスムーズに解くことができない生徒は、より基礎的なテキストに戻って勉強し直してもらうことで、「エスエス数学」を扱うレベルに達していない生徒をシャットアウトします。

※ ベーシック問題は「WarmUp」や問題ごとの解説が省略されています。基礎ができているかの確認のための問題であり、基礎内容の指導には向いていません。





3.分かりやすい解説で、感覚的に理解しやすい。

中学校の定期テストで点数を取るためには、解放のパターンをまる覚えするだけでも十分ですが、トップレベルを目指すためにはより根本的で感覚的な理解が必要になります。
「エスエス数学」では視覚的に分かりやすい解説で、生徒の理解を助けます。




※ 補足事項

より基礎的なテキストとセットで使用します。
「エスエス数学」はハイレベルな問題を中心に扱っているため、基礎的な問題の演習が不十分になっています。
基礎問題に使用していた誌面を、ハイレベルの問題に充てることで従来のどんなテキストよりも詳しく分かりやすい解説を実現しています。
そのため、生徒にはほかのより基礎的なテキストを終了させた上で「エスエス数学」を挑戦させましょう。

高校受験対策にも利用可能
「エスエス数学」では、高校入試で合否を分ける応用題や、定番的な難問を数多く扱っています。公立高校入試、難関私立高校入試の対策にも最適です。

既刊状況
「エスエス数学 中3」は2017年度に新刊されました。「エスエス数学 中1」「エスエス数学 中2」は2018年度以降、順次出版予定です。